痴漢抑止バッジ デザインコンテスト 水瀬はるきさんの作品

scb2015_432

水瀬はるきさんからのコメント

デザインコンセプト

このデザインは女性側の決意を表す事を念頭にデザインしました。
拳を前に突き出す事で、強い意思の表明と、相手(犯人)との距離感も暗に示しています。痴漢の中には被害者が行為を受け入れていると勘違いする人間もいる為、前もって拒絶感をはっきりと示す表現を思案しました。
また、青は冷静さや鎮静を促す効果を持つ色なので、理性が低下して起きる痴漢犯罪そのものを抑止する効果の為にシルエットを青で描きました。加えて、この色とポーズにより「冷静に努めて対処する」(抵抗の宣言)という印象を与える狙いがあります。
代わりに、ゆるぎない意志の強さは文言の方に込め、目立つよう炎のオレンジ色で表現しています。その他の文言も「決して黙っていないという事」「私たちは心(声)を持っているという事」「見過ごさない空気の喚起」などを示しています。
ただ、痴漢の被害に遭っている事を窺わせるバッジですと、身に着けるまでに抵抗がある女性も多いかと思われましたので、抑止効果を失わずに、痴漢被害に遭っている事を示さない(身に着けやすい)文言とデザインを意識しました。

プロジェクトへのメッセージ

このプロジェクトを知って、私はデザインコンテストに必ず参加しようと思っていました。痴漢問題には個人的な思いがあったからです。
数年前から、痴漢として捕まった方を、情報面などでサポートしてきました。弁護士さんの活躍やDNA鑑定などにより、極めて高い無実の可能性の証明に至りました。それでも日本の性犯罪裁判における有罪ありきの判決は覆せませんでした。無力感を感じたのを今でも覚えています。

本プロジェクトを知った時、私は当初「さらに痴漢冤罪が助長されるかもしれない」と危機感を覚え、ブレーキをかける目的でデザインコンテストに参加しました。しかしプロジェクト側ですでに冤罪防止も視野に入れてPRされており、個人的に感動しました。
痴漢をどう退けるかではなく、捕まえるかではなく、事件そのものを起こさせない。誰も傷つけない。そこに深く感銘を受けました。

今回、バッジのデザインを試行錯誤するうちに、女性の心理に近づこうと、被害女性の声もたくさん見ました。中には深刻なトラウマを抱える人もいます。
痴漢問題では時折、男性vs女性の構図の論議に陥る事がありますが、冷静に見れば根本の問題は痴漢加害者であり、男女共通の問題でもあります。そして痴漢を容易に生み出す社会の問題でもあります。それは時に人の命も奪う事もあります。
無視、放置、無理解、誤解、憎悪、悲哀、諦観、先入観、後悔、敵意、苦痛、絶望など――痴漢冤罪とこのデザインコンペ参加を通して、痴漢を巡る様々な状況、様々な人々の感情を知りました。
広範囲に渡って社会に横たわるこれらの状況を多くに知って欲しいですし、そして、どれほどの効果に至るかはまだ分かりませんが、バッジ1つでこれらの全てが改善される可能性を秘めているこのバッジのプロジェクトの成功を、個人的にも祈っています。
社会の歪みが生み出す被害者が、もうこれ以上生まれないように。

水瀬はるきさんプロフィール:https://crowdworks.jp/public/employees/202096

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜

「痴漢抑止バッジ」への支援をお願いしています。

ご協賛のお願い
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜

関連記事