痴漢抑止バッジ。どうして、痴漢撃退ではないのか?

IMGP2866Stop痴漢バッジプロジェクトでは、このバッジを呼ぶときに、痴漢撃退バッジではなく、痴漢抑止バッジと呼ぶことに決めました。

撃退の方がインパクトあるって、わかっているですけど・・・

私たちは、痴漢行為があってから、対処したいんじゃないんです。

よく、駅のポスターに書いてありますよね。「痴漢にあったら、勇気を出して、声だして」って。

もちろん、痴漢にあったときに、勇気を出すのは大切だし。それで痴漢を撃退できるのなら、その方がいいです。

でも、ホンネはそこじゃない!

撃退するのではなく、痴漢にあいたくない。

だから、痴漢撃退ではなくて、痴漢抑止バッジ (^^)

関連記事