痴漢抑止バッジ。どうして、痴漢撃退ではないのか?

IMGP2866Stop痴漢バッジプロジェクトでは、このバッジを呼ぶときに、痴漢撃退バッジではなく、痴漢抑止バッジと呼ぶことに決めました。

撃退の方がインパクトあるって、わかっているですけど・・・

私たちは、痴漢行為があってから、対処したいんじゃないんです。

よく、駅のポスターに書いてありますよね。「痴漢にあったら、勇気を出して、声だして」って。

もちろん、痴漢にあったときに、勇気を出すのは大切だし。それで痴漢を撃退できるのなら、その方がいいです。

でも、ホンネはそこじゃない!

撃退するのではなく、痴漢にあいたくない。

だから、痴漢撃退ではなくて、痴漢抑止バッジ (^^)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.7.23

    【サポーターメッセージ】株式会社ジャストイット様

    株式会社ジャストイット代表取締役 田村正伸株式会社ジャストイットの田村です。
  2. 2017.3.23

    【500円OFFクーポンプレゼント】BASEアプリ購入限定(有効期限:4月30日)

    痴漢抑止バッジの製品化1年を記念して、500円OFFクーポンをプレゼントします!1)BASE...
  3. 2017.3.13

    留学生が驚く日本の痴漢問題

    3月8日の国際女性デーに、アルジャジーラに日本の痴漢問題をテーマにした記事が掲載されました。