鉄道警察に問い合わせ

警視庁HPに鉄道警察と痴漢に関するページがあり、お問い合わせ先である警視庁 生活安全総務課 生活安全対策第二係
にプロジェクトの説明や、痴漢件数の統計などを聞くことができればと電話してみました。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/…/no1/koramu/koramu3.htm

結果:担当者がいなくて代理の方と話しました。

① 痴漢件数の統計はない。検挙できるのは非常に少ないと思われる。
② どこの路線が多いかなどの統計もない。
③ 警察の対策としては、混雑時に全ての車両というわけにはいかないが、パトロールはしている。
④ 「プロジェクトについてお話に伺うことはできるか」との問いには、まず地元の警察署で話してほしい。そこから必要であれば、警視庁に「こういう案件がありました。」と話が上がってくることもある。

とのことでした。
以前、被害相談で問い合わせた際も、鉄道警察ではなく「地元の警察署に相談してください」という返答でした。被害件数の統計がないというのは疑問です。外部の個人には伝えられないという事でしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017.3.23

    【500円OFFクーポンプレゼント】BASEアプリ購入限定(有効期限:4月30日)

    痴漢抑止バッジの製品化1年を記念して、500円OFFクーポンをプレゼントします!1)BASE...
  2. 2017.3.13

    留学生が驚く日本の痴漢問題

    3月8日の国際女性デーに、アルジャジーラに日本の痴漢問題をテーマにした記事が掲載されました。
  3. 2017.3.9

    日本の性暴力:「すべての女子が被害者だ」

    アルジャジーラの取材を受けました。痴漢抑止バッジプロジェクトのことを丁寧に聞いていただけました。