赤羽警察署 生活安全課に電話

★赤羽警察署 生活安全課に電話。

赤羽駅構内の配布は許可されずと伝えたところ、赤羽警察署を訪ねる際に、生活安全課で缶バッジプロジェクトの説明のあと、道路使用許可申請して帰れるようにと、交通規制係に電話を回してくれました。

★交通規制係より、道路使用許可申請の説明。

① 許可には平日で3日かかるため、土日祝日を含まぬ3日前に申請すること。
② 目的はチラシ配布となる。
③ 手数料は2100円。駅の西口と東口の両方で配布したい場合は4200円。
④ 西口、東口、共に配布できる場所が定められている。
⑤ 手数料の受け取りがあることや、午後の遅い時間帯は業者さんで混むため、8:30~午後もなるべく早めに手続き。
⑥ 配布時の簡単な見取り図、印鑑持参。

以上のお話から、10月19日(月)の午前中に赤羽警察署を訪ねることにしました。

配布場所は赤羽駅西口広場でと考えています。(女子高があるので)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017.3.23

    【500円OFFクーポンプレゼント】BASEアプリ購入限定(有効期限:4月30日)

    痴漢抑止バッジの製品化1年を記念して、500円OFFクーポンをプレゼントします!1)BASE...
  2. 2017.3.13

    留学生が驚く日本の痴漢問題

    3月8日の国際女性デーに、アルジャジーラに日本の痴漢問題をテーマにした記事が掲載されました。
  3. 2017.3.9

    日本の性暴力:「すべての女子が被害者だ」

    アルジャジーラの取材を受けました。痴漢抑止バッジプロジェクトのことを丁寧に聞いていただけました。