[感謝 御礼]多くのご支援をありがとうございました。

Faavo東京23区で、
2015年11月4日にスタートしたクラウドファンディングが、
2016年2月1日で終了いたしました。

3か月間に、たくさんの応援とご支援をいただきました。
本当に、ありがとうございます。

334名の方から、212万3千円のご支援をいただきました。

クラウドワークスで開催したデザインコンテストでは、
178名のデザイナーさんから、441点デザインの応募がありました。

「デザインの力で、痴漢をどう抑止するか?」
「女子高校生が身につけたいデザインは?」

という相反するコンセプトを両立させるために、
それぞれにアイデアを凝らしたデザインをしてくださいました。

多くのメディアに取り上げていただきました。
集計ができておりませんが、TV、新聞、WEB,海外メディア合わせて
50回以上掲載されています。

メディアで取り上げられ、
ご支援とコメントをいただくたびに、
男女問わず、どれほど多くの方が、痴漢問題に悩み苦しんできたのか、
改めて、知りました。

単に、一度バッジを作って配布するだけでは終われない。
3年、5年、10年・・・・・・継続したら、世の中の空気が変わるかもしれません。

痴漢抑止の活動を細く長く続けていく仕組みを考えていきます。
そのための基盤として、一般社団法人 痴漢抑止活動センターを設立しました。

私たちのこれからの活動を見守ってください。
お気づきの点があれば、ご意見をください。

これからもよろしくお願いいたします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017.3.23

    【500円OFFクーポンプレゼント】BASEアプリ購入限定(有効期限:4月30日)

    痴漢抑止バッジの製品化1年を記念して、500円OFFクーポンをプレゼントします!1)BASE...
  2. 2017.3.13

    留学生が驚く日本の痴漢問題

    3月8日の国際女性デーに、アルジャジーラに日本の痴漢問題をテーマにした記事が掲載されました。
  3. 2017.3.9

    日本の性暴力:「すべての女子が被害者だ」

    アルジャジーラの取材を受けました。痴漢抑止バッジプロジェクトのことを丁寧に聞いていただけました。