あさイチにStop痴漢バッジプロジェクトを取り上げていただきました

今日(2015.11.19)に、NHKの情報番組 あさイチにStop痴漢バッジプロジェクトを取り上げていただきました。

街頭で若い女性の方々から、体験談を聞いたり、性障害専門医療センター 代表理事 福井裕輝氏のコメントをいただいたりと、私達では得られない情報を盛り込んでくださっていて、本当にありがたかったです。

福井裕輝氏のコメントでは、
痴漢加害者は、
「被害者が強く抵抗しないのは、痴漢されてもかまわないと思っているからだ」
「本当にイヤなら意思表示するはず」
という歪んだ認識を持っているケースが多いそうです。

だから、痴漢抑止バッジのように「私は泣き寝入りしません」と意思を宣言すると、その人物を避けようと考えるらしいです。

意思表示をするって、大切なんですね!

もちろん、何かあったときに「やめてよ!」というのは大事で、それができるからバッジは不要という人もいると思います。
意思表示するタイミングは、いつでもいいし、自分で決めていい。

ただ、痴漢にあってから意思を表示するよりも、事前に表示して「痴漢にあわない」という選択もアリだと思うんです。

だって、私達、痴漢にあいたくないんだもの(笑)

被害にあってからの対策じゃなくて、あわなくてすむのなら、その方がいいじゃない? 今日の番組を見て、改めてそう思いました。

今、「みんなで、痴漢抑止バッジのデザインを選びたい」と思って、デザインコンテストを開催しています。
11月24日まで、クラウドワークスでデザインを受け付け中

あさイチでも、たくさんのデザインが紹介されました。
この中から、1次審査で12個を選出。
みんなの人気投票で5つを選んで、バッジを作ります!

あなたのデザインしたバッジで、痴漢被害者が減るかもしれません。
ぜひ応募してください♪

関連記事