「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016」公募開始

  • 2016.8.1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人痴漢抑止活動センター(所在:大阪市中央区、代表:松永 弥生)は、「痴漢抑止バッジのデザインコンテスト2016」を開催いたします。
2015年に立ちあがった「Stop痴漢バッジプロジェクト」は、17歳の少女の切実な思いから誕生しました(詳細別紙)。電車内痴漢犯罪の被害者は、15~19歳が49.7%、20代が36.8%を占めるというデータが警察庁から発表されています。つまり、被害者の大半は学生です。そこで、将来デザイナーを志す学生の方々に、当事者に近い視点と感性で社会の課題である「痴漢犯罪」を抑止するデザインを考案していただくことを期待し、「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016」を開催いたします。 
受賞5作品は、11月3日(木・祝)あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階 街ステーションにて発表。2017年に製品化し販売いたします。

主催:痴漢抑止バッジデザインコンテスト委員会、一般社団法人 痴漢抑止活動センター
協力:縁活事務局(あべのハルカス近鉄本店)、大阪デザイン振興プラザ(大阪市・ATC)

〈プロジェクト推進団体概要〉
団体名 : 一般社団法人痴漢抑止活動センター
所在 : 大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル10F 242
代表者 : 松永弥生
ウェブサイト :http://scb.jpn.org/

痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016_.pdf(1P/858KB)

ピックアップ記事

  1. 2017.3.23

    【500円OFFクーポンプレゼント】BASEアプリ購入限定(有効期限:4月30日)

    痴漢抑止バッジの製品化1年を記念して、500円OFFクーポンをプレゼントします!1)BASE...
  2. 2017.3.13

    留学生が驚く日本の痴漢問題

    3月8日の国際女性デーに、アルジャジーラに日本の痴漢問題をテーマにした記事が掲載されました。
  3. 2017.3.9

    日本の性暴力:「すべての女子が被害者だ」

    アルジャジーラの取材を受けました。痴漢抑止バッジプロジェクトのことを丁寧に聞いていただけました。